トップ

首都圏の賃貸と家賃

賃貸家賃の相場を調べる

木目

賃貸物件の家賃相場について 

初めてのひとり暮らし、転勤、家族が増えた等で引越しを考えた時に、一番気になるのは家賃のことでしょう。家賃を基本とした敷金、礼金もかなり大きな出費です。生活費の大部分を占める家賃は、安いに越したことはありません。一般的に「家賃は収入の30%まで」というのが、理想的だそうです。収入と支出を考え、それ以上になると生活を圧迫することになります。まずは賃貸物件の相場を調べましょう。すると面白いことに気付くと思います。賃貸物件の家賃は、急行停車駅や乗り換えの出来る駅は高く、反対に各駅停車しか止まらない駅は概ね安いのです。似たような外観、似たような間取りの物件を比較してみてください。少しの手間で、今後の生活が少しでもラクになる方がいいと思いませんか?

首都圏の物件とその相場 

首都圏で住む際に一番に感じることは家賃が高いということではないでしょうか。では、この家賃はどのような基準で決まってくるのでしょう。家賃のバロメータのひとつとして、借りたい賃貸物件が山手線の沿線内にあるのか沿線外なのかによって、家賃相場が大幅に違うといわれております。これは当然と思う方も多いでしょう。やはり山手線の沿線内は東京のど真ん中、企業も多く、人の出入りも、お店や商品などすべてのものが多くあふれているため、多種多様な需要が多く、その地域の限られた地域に供給される賃貸物件の家賃相場が高くなるのはわかりやすい事実です。こういったことも考慮し、物件を選ぶ際は自分のニーズにあったものを選ぶとよいでしょう。

首都圏に住む人への情報

新着情報